からかってくる男性は好意を持っている?”本当の”心理と対処法

職場でも学校でも、何かとからかってくる男性っていますよね。
好意の反対は無関心、とはよく言うように、からかってくる男性も例に漏れず相手の女性に興味を持っていることがほとんど。しかし女性にとっては、何故からかってくるのかと不思議に思ったり、しつこい相手には不満を感じることも。

そこで今回は、女性をからかう男性の心理についてご紹介していきます。どうしてからかってくるのか、という心理がわかれば、からかってくる男性への対処もしやすくなるでしょう。

この記事は、このような人におすすめです。

  • からかってくる男性がいる
  • からかう男性の心理が知りたい
  • からかうのをやめてもらう方法や、対処法を知りたい

からかってくる、とは

そもそも、からかうとは相手を困らせたり怒らせたりするような冗談やいたずらをして、その様子を面白がること。
何かにつけて話しかけてきたり、自分の行動に笑ってきたりすることも「からかってくる」行動の一つとしても考えられます。

このようにからかってくる男性は、どのような心理なのかということを見ていきたいと思います。

からかってくる男性の6つの心理

冗談を言ったり困らせたり、と男性がからかってくるときの心理は大きく分けて5つです。からかってくる男性の真意がわからず、どうしたらよいのかわからないこともあるはず。ここからは、そんな男性の心理を1つずつご紹介していきます。

距離を縮めたい

からかってくる男性に考えられる1つ目の心理は、「距離を縮めたい」というもの。
男性が女性をからかうのには、好意を持っていることがほとんど。もっと距離を縮めたい、もっと仲良くなりたい、という気持ちからコミュニケーションの一つとしてからかってくることが考えられます。
からかうことをきっかけとして会話を繋げたい、からかうことで見られる表情を知りたい、と思っているわけです。

また、距離を縮めたいけれどどうしたらよいのかわからず、無意識的にからかってしまうという男性も。
からかわれるような行動をしていないのに何かと構ってくる男性は、もっと仲良くなりたいと思っていることが考えられます。

周囲への仲良しアピール

からかってくる男性に考えられる2つ目の心理は、「周囲への仲良しアピール」をしたいというもの。
男性の方も、あまり親しくない人に対してからかうということはないはず。ある程度交流があったり友人だったりという相手に対してからかうことがほとんどかと思います。

そのため、からかってくる男性も、特定の女性をからかうことで「自分たちはこれくらい仲が良いんだ」とアピールできると考えます。周囲に「あの二人は親しいんだな」「からかうことができる距離感なんだな」と思わせて、他の男性が寄ってこないように牽制がしたいというわけです。
好意を持つ故の独占欲から、女性をからかってしまうということもあるんですね。

構ってほしい

からかってくる男性に考えられる3つ目の心理は、「構ってほしい」というもの。
からかってくる男性は、からかうことをコミュニケーションと思っている節があります。好意を持っている女性をからかうと自分の話やアクションに反応してくれるため、その反応がどんなものであれ、からかうことで自分のことを見てくれてると感じるのです。
そのため、もっと構ってほしいという思いから、その反応見たさにからかってくるようになることもあるでしょう。

優位に立ちたい

からかってくる男性に考えられる4つ目の心理は、「優位に立ちたい」というもの。
からかってくるという行為のほとんどは好意を持っているが故のことがほとんどですが、中には自分が優位に立ちたいという思いからからかっている場合も考えられます。一部の男性には、無意識のうちに、自分が弱いと思っているものよりも優位に立っていたいという思いを持つ人も。そんな男性の場合は、好意がない場合でも、好意を持っている場合でも、その相手に「自分の方が上の立場だ」とアピールをしたいというわけです。
そのアピールをするために、自分より力が弱いと思われる女性をからかうことで、自分が優位に立ったような気分になりたいんですね。

好意を持っている

からかってくる男性に考えられる5つ目の心理は、「好意を持っている」というもの。
からかってくる男性に考えられる心理の中でも、多くのケースがこの好意によるものです。複数の女性に対してからかうのではなく、特定の女性に構ってからかっているという場合は、好意を持っているという風に考えるのが妥当ではないでしょうか。

好意を持っている男性は、からかうという好意を愛情表現だとしていることが考えられます。からかうことをきっかけに距離が縮まったり会話が盛り上がったりすると思っているため、からかってくる男性にとってはからかうことがアプローチの一環というわけです。

そんなアプローチの面もありながら、好意があるからこそからかったときの困った顔や怒った顔、照れた顔などが見たいという気持ちもあるのでしょう。

好意を素直に表現できない

からかってくる男性に考えられる6つ目の心理は、「好意を素直に表現できない」というもの。
好意があるのならなおさら、何故嫌がることをするのだろう?とからかってくる男性に思うこともあるはず。しかし、からかってくる男性の中には、自分の持つ好意に素直になれずうまく話せないために、からかうという方法でしかうまく関わる方法がわからないという人もいるのです。
このような男性の場合いには、照れ隠しでついついからかってしまうということも考えられますね。

からかってくるのをやめてほしい・・・そんなときの対処法

からかわれるのが嫌でも、その場で波風を立てずにやめてもらうのはなかなか難しいもの。しかし、もしも好意を持ってからかっていたとしても、相手の嫌がることをしても良いという理由にはなりません。
ということで、からかってくる男性への効果的な2つの対処法をご紹介。

はっきりと嫌なことを伝える

一番端的な対処法は、からかわれるのは嫌だとはっきりと伝えること。
からかってくる男性の中には、相手が本当に嫌がっているのかどうかが分かっていないという人も少なくありません。言わなければわからないということに呆れる気持ちもあるでしょうが、「からかわれるのは嫌」「やめてほしい」という意思表示をするのが大切です。
大人な男性であれば、相手の気持ちに気付いたところでからかうのはやめてくれるはず。

リアクションをしない

職場などにおいては、はっきりと嫌だと伝えるのは難しいこともあるかと思います。
そんなときには、男性のからかいに対して大きなリアクションを返さないという対処法が効果的。
からかったときのリアクションを楽しんでいる場合もあるため、困ったり怒ったりという素振りは見せず、冗談で返すこともしないのが賢明です。とはいえ、無視をしてしまうと波風を立ててしまうことも考えられるので、あくまでもからかってくるのを流すようにすると良いでしょう。
男性からしても、思うような反応をしなかったり流されたりすることが増えてくると、からかわれることを良く思っていないことに気付いてくれるはず。

からかってくる男性がいたら

子供のころから変わらず、からかうという行為を大人になってもやめられない人も少なくありません。その裏にはただの悪戯心だけでなく、好意による愛情表現の場合もあるものの、女性にとっては迷惑なことも。普通の会話に支障をきたすような態度や悪口などといったものはもちろんのこと、自分が嫌だと思うからかいはやめさせることが大切です。
からかってくる男性自身が気付いてくれるのが一番ですが、そううまくはいかないもの。からかってくる男性の心理を考えて、からかいの頻度が増えたりエスカレートする前に対処していきましょう。