あなたの結婚のベストタイミングと、タイミングが合わない場合の対処法

仕事でも恋愛でも重要なもの、それはタイミング。せっかく上手くいきそうなことでも、タイミングを外してしまうと悪い結果になってしまうということは、よくあるものです。人生の一大イベントである結婚についても、やはりタイミングはとても重要。一生を左右する結婚ですから、失敗だけはなんとしてでも避けたいものです。
今回は、結婚を考えている人に向けて、結婚に最適なタイミングや、タイミングが合わない場合の対処法について解説をしていきます。

結婚までの理想の交際期間は?

1年以上2年未満

付き合って1年以上たつと、たいていの場合、お互いに相手の性格や考え方、生活スタイルなどを理解できるようになるでしょう。付き合って間もない時には気づかなかった短所や欠点にも気づくことができる頃で、客観的に相手のことを見る目が養われるようになっているかと思われます。
しかし、相手に対する好意やときめきも1年以上2年未満あたりでは、まだ失われていない可能性も高く、結婚へも熱量を持って進むことができる時期だと言えるでしょう。結婚後も新鮮な気持ちでい続けたいのであれば、このタイミングがおすすめです。

2年以上3年未満

付き合って2年以上となると、お互いへの理解は一層深まり、一緒にいることが当たり前の存在になっていることが考えられます。このぐらいの時期となると、お互いに自然と結婚を意識するようになっていることが期待でき、相手と生涯をともにすることのシミュレーションもしやすいでしょう。
「カップルにとって付き合って三年目が壁」などと言われることもあるため、壁を迎えてしまう前に結婚へと踏み切り、カップルから家族へと関係を進めるのも良いでしょう。

3年以上

付き合って3年以上ともなると、大きな喧嘩や別れそうな危機的場面も経験をした可能性が高まります。そういった状況を乗り越えてもまだなお付き合い続けているということは、二人が強固な絆で結ばれているという証拠。また、3年の間にお互いの経済的基盤も整ってきていることが予想されるため、結婚へとスムーズに話を進めることが可能であると言えるでしょう。
ただし、あまりに長い交際期間となると、マンネリによる破局を迎えてしまったり、相手に対して「この人は結婚する気があるんだろうか」という不安を与えてしまったりというおそれもあります。あまりずるずると長くなり過ぎない内に、結婚へと進むことが望ましいと言えるでしょう。

結婚を意識するきっかけは?

①好きな気持ちが最高潮を迎えたとき

ここからは、結婚を意識するきっかけについて、よくあるものをご紹介していきます。

結婚は、愛する二人がお互いを想い合った結果に成し遂げるものです。気持ちを最重要視するのであれば、お互いの気持ちが最も高まったときに結婚の話をするのが良いでしょう。具体的な例としては、二人が付き合い始めた記念日やクリスマス、バレンタインデーなど、二人の感情が盛り上がる特別なイベントの日をきっかけにして、結婚を申し込むのもアリと言えるでしょう。

②パートナーへの信頼が確かなものとなったとき

結婚は、その後の人生を左右する大きな決断です。失敗しないためにも、やはり心から信頼できる相手としたいもの。ふとした瞬間にでも、何かの出来事がきっかけでも、相手に対して「この人となら大丈夫」と確信を持って思えたときに、結婚へ踏み出すというのは良いタイミングであると言えるでしょう。もちろん、逆にあなたも相手に同じように信頼を持ってもらえるように、日々、パートナーとの信頼関係を築き上げておく必要があります。

③年齢の節目

「何歳までに結婚したい」とぼんやりでも考えたことがあるという人は、案外多いものです。結婚に限らずですが、自分の中で締め切りや期限を決めておくことは、アクションを起こすためのモチベーションとして適していることが多いと言えます。世間でよく年齢の節目といわれる25歳、30歳、35歳、40歳になったタイミングを結婚のきっかけとすると決めておくのも良いでしょう。もちろん、あなただけではなく、相手の年齢も考慮して考える必要があります。

④身の回りで結婚ラッシュが起きたとき

友人知人、同級生や職場の同僚などが、示し合わせたかのように次々と結婚をしていく時期、いわゆる結婚ラッシュと呼ばれるものが、前触れなく突然起こることがあります。人間の心理的なものですが、周囲がいっせいに同じ行動をとっていると、なんだか自分が取り残されているような気持ちになり、ついつい不安になってしまうもの。身の回りで結婚ラッシュが起きたタイミングを自身の結婚のきっかけと考えて、ラッシュに自分も乗ってしまうというのもアリでしょう。

⑤十分なお金が貯まったとき

結婚式も、結婚後の新生活も、すべてにおいて何かとお金がかかるものです。結婚するのに十分な貯蓄ができたと自分が思えたタイミングをきっかけに、結婚へと踏み切るという選択も良いでしょう。もしくは、パートナーと二人で目標金額を設定し、二人のお金がそこまで貯まりきったら結婚するという方法も良いでしょう。

結婚のタイミングが合わない場合の対処法

①二人の気持ちを確認・整理する

言うまでもないことではありますが、結婚は一人ではできません。自分に結婚の意思があってもお互いのタイミングが合わないと、うまく進むことができません。そこで、ここからは、結婚のタイミングが上手く合わない場合の対処法についてご紹介していきます。

結婚のタイミングが合わないなと感じたとき、まず始めにやっておきたいのは、パートナーとお互いの気持ちについて話し合い、確認と整理をすることです。話し合うことで、相手の気持ちや結婚への熱量を確認できると同時に、結婚に踏み切れずにいる理由も聞くことが期待できます。結婚のタイミングが合わない問題点を一つ一つ洗い出していき、二人で解決のいとぐちを考えていくことで、結婚を現実のものへと近づけていくことができるでしょう。

②二人で結婚する時期の目標を立てる

まずはパートナーと話し合い、結婚をするならいつ頃が良いと考えているかを尋ねてみましょう。その上で、自分の考えも相手に伝えます。そこから、二人で結婚する時期の目標を立てることで、お互いに足並みを揃えて進んでいくことが可能となるでしょう。結婚生活は、二人三脚とも例えられるものです。

③【最終手段】別れを視野に入れる

あなたがどんなに結婚を希望していても、相手に結婚の意思がなければ、どうしても結婚へと上手く進むことは叶いません。二人の話し合いの結果、パートナーにあなたとの結婚の意思がないということが判明した場合は、シビアな話ではありますが、別れを視野に入れるのもひとつの選択であると言えます。これは決してネガティブな選択ではなく、お互いの希望する未来のための前向きな選択であるということを忘れずに。あなたにとってもパートナーにとっても一度きりの人生です。どうしても二人の思いが噛み合わないのであれば、お互いのために勇気を出して選択をするというのも良いでしょう。

結婚のタイミングについてのまとめ

結婚のタイミングやきっかけの例、タイミングが合わない場合の対処法についてご紹介しました。

ここまで書いてきたとおり、結婚にはタイミングは不可欠な要素です。しかし、結婚で最も大切なものは、パートナーである相手の存在。結婚のタイミングや考えについて、一方的にあなたの意思を押し通すのではなく、相手ときちんと話し合い、足並みを揃えて進んでいくことが大切だということを常に忘れないようにしたいものです。

この記事が、結婚のタイミングについて悩んでいるあなたの手助けになれば幸いです。