出会いがない・・・素敵な恋人候補に出会える場所やきっかけは?

恋愛がしたいけれどできない理由として、「出会いがない」ということを挙げる人も少なくないはず。
毎日が忙しく、仕事と家の往復の中で平日は中々チャンスがないし・・・という悩みもありますよね。

恋人がいる人は、その恋人と出会ったときから運命的なものを感じたかというと、そうとは限らないものです。最初は意識していなかった人でも、ふとしたことから恋愛対象として意識することもあるでしょう。そのため、恋愛がしたいと思うならば様々な人との出会いや交流が大切です。
今回は、なぜ出会いがないのかということを考えながら、出会いのきっかけとなる場所をご紹介していきます。

この記事は、このような人におすすめです。

  • 恋愛がしたいけれど「出会いがない」と感じている
  • 出会いが多い場所を知りたい
  • 出会いを増やす方法を知りたい

「出会いがない」のは考え方が原因?

なぜ自分には出会いがないのか、ということを考えたことがある人も多いはず。
恋愛はしたいけれど、出会いがない・・・と思っているかもしれませんが、実は出会いがないのは出会いや恋愛に対する考え方が原因かもしれません。
出会いに対しての考え方を少し変えてみることで、出会いの幅も広がるでしょう。

出会いを自ら探さずに待っている

出会いがないと嘆く人の中には、出会いは自ずと降ってくるものと考えている人も少なくありません。
「恋はするものではなく落ちるもの」という言葉を受けて、自ら探して出会ったのは本当の出会いじゃないと考えている人も多いはず。
しかし、大人になると、新しい出会いが減ってくるもの。そのため、自分から動かなければ中々自分が良いと思う人に出会えないことでしょう。
出会いがほしいならば受け身の姿勢をやめて、自分から動いてみるのも必要かもしれませんね。

第一印象でシャットアウトしてしまう

出会いがない、と思っているものの、実は自分から出会いを減らしてしまっているのかもしれません。
というのも、出会いがないという人の中には、自分が第一印象で興味を持てなかった人を最初からシャットアウトしてしまっている人が多い傾向があります。第一印象で惹かれなければ、それ以降は出会いの対象から外してしまう・・・ということです。
最初は興味がなかったけれど親しくしていくうちにその人の魅力に気づくこともあるもの。最初から自分でシャッターを降ろしてしまうのは、せっかくの縁も減らしてしまうでしょう。
結果的にその人が恋愛対象にならなかったとしても、友人として仲良くなることも、新しい出会いのキューピッドやきっかけとなってくれることも。
第一印象やフィーリングも大切ですが、それにとらわれすぎてしまうのは出会いの幅も狭めてしまうでしょう。

嘆きつつも実は出会いがないことに焦っていない

「出会いがない・・・」と嘆きつつも、実はそこまで出会いに焦りがない人もいるはず。
出会いに焦りがない人は、「いつか運命的な出会いがあるはず」「出会おうと思えば出会いはあるはず」とどこかで思っている節があります。そのため、出会いがないことは嘆くもの現状に焦っていないともいえるでしょう。
しかし、出会いはタイミング。いざ出会おうと思っても中々うまくいかないこともあれば、意識をしていないときに出会いがあることも多くあります。本当に出会いがほしいと考えているなら、時間の経過や周囲に任せるのではなく自分から動くことが大切です。

出会いのきっかけとなる場所と出会いのコツ

それぞれの出会いの場所によって、出会いのきっかけを増やすコツも変わってくるもの。ここからは、出会いのきっかけが多い場所のコツをご紹介していきます。
場所によって出会える人のタイプも様々なので、フットワークを軽くして一つの場所やシチュエーションにこだわらずに交流を広げていけると良いですね。

合コン

出会いの場として代表的なのは、やはり合コン。交友関係を広げたくて参加する人もいるものの、恋人としての出会いを探して参加する人が多いものです。
合コンなら恋人持ちが来る可能性も低いため、最初から恋愛を視野に入れた出会いが期待できるでしょう。
しかし、中々合コンの誘いやきっかけがないという人もいるはず。かといって合コンを主催するなんて前のめりに思われてしまうかも・・・と考える人もいますよね。そんなときには、ただ合コンと名前を付けずに、友人との飲み会にそれぞれの友人を誘ってもらえばよいだけ。男女比を揃えるとあたかも合コンらしさが出てしまうため、極端にならない以上は比率も気にせず、男女混合で5~6人での飲み会を開くと良いでしょう。恋人関係に発展せずとも、友人の輪が広がり出会いのきっかけも増えることが期待できますよ。

一人飲み

女子同士や男子同士の友人との飲み会は、話も盛り上がり楽しいもの。しかし、それだけでは中々出会いのきっかけは広がりにくいですよね。
お酒が好きで一人で飲むことが苦ではないなら、バーなどに一人でふらっと寄ってみるのも良いでしょう。
お酒の場で気になる人がいても、相手が複数人でいると声もかけづらいですよね。一人でいることにより出会いのチャンスも増えるはず。
恋愛としての出会いを求めるなら、雰囲気やシチュエーションも大切。あくまでも居酒屋などで一人で飲みまくるのではなく、少し着飾ってバーなどでゆっくり嗜む程度が良いでしょう。

趣味や習い事

趣味や習い事の場も、出会いのきっかけとしては多いもの。そこで出会うということは、共通の趣味や趣向があるということがあるため共通の話題も多いでしょう。最初に話しかけることはもちろん、親しくなるのも比較的簡単になりますねう。
スポーツ観戦やフェス、趣味のジャンルでのイベント、料理教室などの習い事など、自分の興味のあるものに積極的に参加していきましょう。
習い事など、一生懸命になっている姿は素敵に見えるもの。誰かを意識せずとも自分の好きなことをしていることで、自然とチャンスも増えるかもしれませんね。

マッチングアプリ

近年出会いのきっかけとして挙げられる、マッチングアプリ。マッチングアプリをきっかけに出会い、結婚に至るカップルも年々増加しています。
マッチングアプリにも、交際相手を探すものから結婚を前提としてものまで様々。マッチングアプリを利用しているということは出会いを求めているということでしょうから、アプローチも躊躇せずにしていけますよね。
アプリに抵抗がある人もいるかもしれませんが、簡単に多くの人と交流することができるのはもちろん、合わないと思ったらフェードアウトしやすいのもアプリの良いところ。まずは気軽にアプリで会話してみると良いかもしれません。

友人の結婚式

友人との結婚式や披露宴なども、出会いのきっかけが多い場所の一つ。
祝いの場ということもあり、幸せムードに飲まれて気持ちも盛り上がっていることでしょう。男女ともに着飾っていることから、より魅力的に見えやすいということも。
また、友人の結婚式に出席しているということで友人という共通点があるため、話しかけやすさもありますよね。結婚式についての話題から入っていくと、警戒されずに話を発展させられるでしょう。

出会いは意外とすぐ側に

出会いがない・・・と嘆いているかもしれませんが、意外と出会いは身近にあるものです。
出会いは運命的なものばかりではなく、待っていても出会いが来るとは限りません。出会いがほしいと思ったときに、自分から積極的に行動することも大切ですよ。
自ら出会いの幅を狭めずに、視野を広く持つことができると出会いのきっかけも増えるはず。