絶対にハズさない!好きな人との初デートにオススメの場所は?

好きな人と念願の初デート。恋愛の過程の中でも、最高にテンションが上がる一大イベントですよね!
なにがなんでも良いデートにして、好きな人との今後のステップアップにしていきたいところですが、そのためには、どこでデートをするかという場所選びはとても大事なポイントです。

下手な場所に行ってしまい、いまいち盛り上がらないデートになると、もしかしたら相手のあなたに対する印象もあまり良くないものになってしまうかも知れません。

そこでこの記事では、初デートにオススメの場所をご紹介していきます。好きな人との初デートを控えている方はぜひ、参考にしてみてくださいね。

初デートにオススメの場所

①映画館

デート場所として定番中の定番である映画館。定番とされるには、相応の理由があります。

当たり前のことですが、映画館では、二人で必ず同じ映画を見ます。
つまり、これによって、二人に「共通の話題」が生み出されるわけです。

共通の話題があるかどうかというのは会話が盛り上がるか盛り上がらないかに直結する大事な要素。
趣味や出身地など、共通点のある相手であれば良いのですが、そういったものがない場合は、会話を続かせることの難易度が上がり、デート中に少し気まずい無言の間も空きがちになってしまうかも知れません。

そこで、同じ映画を見ることで、見た映画の話題という共通点を生み出し、その後、お茶をしたり食事をしたりという時間に、自然と会話を弾ませることが可能となってくるのです。

また、映画が初デートに適しているポイントは、それだけではありません。

映画を観ながらポップコーンを食べるという人は少なくないと思いますが、このポップコーンもデートで相手との親密度を高めることができる大事なアイテムのひとつです。

真っ暗の空間で、隣同士の席に座り同じ映画を観ながら、一つの大きなポップコーンを二人で一緒に食べるというこの一連の行為が、二人で同じ時間を共有している、すなわち「デートをしている」という実感を高め、お互いの距離を近づけていくことが期待できるのです。

というわけで、ポップコーンを買う際は、ぜひ、一人前のものではなく、二人で食べる大きめのサイズを買うことをオススメします。

さて、オススメの映画館デートですが、注意しておきたい点もあります。それは、「映画を観て解散」というプランにしないことです。

映画館はあくまでも「二人の共通の話題を作る」ためのスポット。
せっかく同じ映画を観たのに、そのあと即解散してしまうと、生み出した共通の話題を使うことなくデートを終えてしまい、とてももったいないことになってしまいます。

そもそも、映画の最中は喋ることができません。たとえ映画を観ることで、二人で同じ時間を共有するということは成功しても、会話をすることができなければ仲を深めていくことは困難です。

映画のあとは必ず、お茶や食事など、一緒に会話できる時間を設けるプランを組むようにしましょう。

②水族館

デートスポットとして定番である水族館は、初デートにもオススメです。

展示されている数々の魚や、イルカやアシカのショーなどを一緒に見ながら、「可愛いね」「綺麗だね」などの感想を言い合うことで、比較的容易に会話を弾ませることができます。

普段の生活では見ることができない、悠々と泳ぎ回る海の生き物たちの美しい姿は、必ずあなたとあなたの初デート相手に、ポジティブな感想をもたらすことでしょう。

また、水族館の展示室は薄暗い作りとなっているところが多く、デートのムードを盛り上げることにも一役買ってくれます。

これはいわゆる「暗闇効果」と呼ばれるもので、「暗い場所が自分の容姿や表情を隠すために安心感が得られ、積極的になれる」「暗い場所によって不安な気持ちが生じるため、誰かの近くにいたいという感情が湧く」などの効果により、他人との関係を親密にさせることが期待されると言われています。

さらに、水族館には他にもオススメできるポイントがあります。

それは、同じ生き物を見るタイプの定番デートスポットである動物園と比べた際に、「匂い」がしないという点です。

動物園はどうしても、動物特有の体臭やフンの匂いなどが気になってしまいますが、水族館には基本的にそういった心配がありません。

一見些細なことのように思えますが、デートのムード作りという意味では、これはなかなか侮れない重要なポイントと言えるでしょう。

また、動物と比べて鳴き声などがしないため、落ち着いたムードがあるのも水族館の良いポイントと言えます。

③テーマパーク(遊園地)

こちらも定番中の定番デートスポット。

様々なアトラクションや乗り物を一緒に楽しむことで、距離感が一気に縮まることが期待できるところがオススメのポイント。

見るものや遊ぶもの、食べるものなど、会話の材料にするための素材も豊富なので、話は自然と弾んでいき、二人の距離を親密にする手助けとなってくれるでしょう。

ジェットコースターやお化け屋敷などのスリル満点なアトラクションを一緒に体験してドキドキすることで、恋愛感情を抱きやすくなるという、いわゆる「吊り橋効果」も期待できるかも知れません。

また、遊園地は、その非日常的な空間ゆえに、思い出に残りやすいところもオススメできるポイントです。

遊園地での体験は、デートの後日も、「あれに乗ったときは楽しかったね!」「あのパレードは本当に凄かったね!」など、長く会話の材料になってくれることでしょう。

さらに、撮った写真をあとでLINEで送るなどができると、デートが終わって別れたあとも、会話のもう一盛り上がりが期待できます。

ただし、アトラクションの待ち時間には要注意。
一時間や二時間待ちになってしまうと、会話のネタも尽きてしまい、疲れも出てしまう可能性があります。

そうなってしまうと、どんなにアトラクションが楽しくても、デートの雰囲気は悪くなってしまうことが考えられます。

この事態を回避するためには、テーマパークを選ぶ段階で、大混雑が予想されるところではなく、そこそこの規模のテーマパークを選択しておくと良いと言えるでしょう。

初デートにオススメできない場所

①美術館などでの芸術鑑賞

さて、ここからは逆に、初デートにはオススメできない場所もご紹介します。

美術館などは、落ち着いた雰囲気が楽しめる、デート向きのスポットではありますが、初デートにはあまりオススメはできません。

その理由のひとつは、美術館が基本的に、静かに展示物を鑑賞する場所であるという点にあります。
どんなに楽しくても、あまり会話を弾ませすぎると周囲に迷惑をかけてしまいます。そうなれば、好きな相手からのイメージを悪くしてしまうおそれもあるでしょう。

また、美術館は、映画館や水族館などと違い、興味がない人にとっては、かなり退屈してしまう可能性が高い場所です。相手が美術好きであることがあらかじめわかっていたり、見たい展示があると相手が言っていた場合でないならば、初デートに美術館は避けておいた方が無難と言えるでしょう。

②自分もしくは相手の家

家デートというのは楽しいものですが、初デートには向きません。

付き合っているカップルであるならまだしも、付き合う前の初デートの段階で、自分の家に誘ったり、相手の家に行きたがったりするのは、下手すると体目当てのように誤解をされてしまいます。

家は、人間にとって大事なパーソナルスペース。
そこに他人を入れるというのは、かなりの信頼が必要です。

デートを重ねて、告白を成功させ、付き合い始めるまでは家デートは我慢しておくのが妥当と言えるでしょう。

初デートにオススメの場所についてまとめ

好きな人との初デートにオススメの場所についてご紹介しました。

初デートは、自分も相手もまだお互いのことをよく知らないため、ふとしたことでぎこちない時間が流れてしまいがちです。

そのため、初デートの場所としては、無理なく自然と会話を弾ませることができる、話題にあふれた場所が適していると言えるでしょう。

好きな人としっかり楽しい思い出を作って、恋愛を次の段階へとステップアップさせていきましょう!

この記事が、好きな人との初デートを控えたあなたの手助けになれば幸いです!