同棲が”うまくいく”間取りは?|各間取りのメリット・デメリット

同棲を決めたときに、新しいお家の間取りには迷いますよね。
仕事で生活リズムが違ったり、寝室は一緒が良かったり・・・とそれぞれのカップルによって適した間取りは変わります。
しかし、同棲で長い時間一緒にいることで良い部分も悪い部分も見えてくるため、お家の中での距離感は大切です。
今回は、カップルの特徴によってうまくいく同棲の間取りをご紹介。

  • 同棲を始めようとしているけれど、間取りに迷っている
  • 自分たちに合う間取りがわからない

という方のために、各間取りのメリットとデメリット、間取りを決めるときにチェックしたいポイントも一緒にお伝えしていきます。

同棲は最低でも2部屋以上の間取りを

同棲をするなら、最低でも2部屋以上の間取りを選びましょう。
個別の部屋が2部屋なくても、ダイニングなどの空間のある1DK~の間取りがおすすめです。

というのも、1Kなどの一部屋しかない間取りだとプライベートな空間がなく、以下のようなことが考えられます。
・一人になりたいときには外に出るしかない
・生活リズムのずれが気になる

長い間一緒にいれば、少し一人になりたいこともありますよね。しかし1部屋しかない間取りだと一人になることもできません。一人になりたい理由が恋人との問題だったときには、外に出るしかなくなります。1人になれないから外に出る・・・というのを喧嘩の度に繰り返していると、二人の間に距離が開いてしまうことも。

また、一部屋しかないとお互いの生活リズムのずれが気になります。とくにこの生活リズムのずれは大きな問題。

どちらかの朝が早いと準備しているときに起きざるを得なかったり、夜が遅いときにはなかなか寝られなかったり・・・ということが積み重なっていきます。仕事上仕方ないと思っていても、自分の生活リズムを崩すのは意外と厳しいものです。

お互いの最低限のプライベートや生活リズムを保つためにも、2部屋以上の間取りがあると良いですね。

間取り1DKの同棲

1DKは、1部屋+ダイニングキッチンの間取りです。このダイニングキッチンは、4.5畳~8畳未満の広さになります。
ダイニングキッチンは食卓として、一部屋は寝室として使うのが主になるでしょう。
一人になれる空間は少ないですが、ある程度の距離感は保てます。

1DKにおすすめのカップルは・・・家賃を最大限抑えたい/一人の時間がなくても平気

メリット

1DKの最大のメリットは、家賃が安いこと。
1つしか部屋がなく、比較的築年数のある物件が多いため、1Kに近い家賃で借りることができますよ。

デメリット

部屋が1つしかないことに加え、ダイニングキッチンも4.5畳~8畳のため、大人2人で暮らすとなると狭く感じるかもしれません。
家賃が安い分築年数があるため、床材もフローリングでなく畳の場合が多くあります。

間取り1LDKの同棲

1LDKは、1つの部屋+リビング+ダイニングキッチンの間取りです。
LDK部分は8畳以上のため、ある程度広々と使うことができます。
リビングを共有スペースに、ダイニングキッチンを食卓に、1部屋を寝室に使うというのが主になるでしょう。
二人一緒の寝室でよければ十分な広さといえるでしょう。

1LDKにおすすめのカップルは・・・生活リズムが一緒/ある程度距離感を保ちたい/少しインテリアもこだわりたい

メリット

ある程度リビングに広さがあるので、一緒に映画を見たりゆっくりしたり・・・と一緒に過ごせます。
寝室も一緒のため一緒にいる時間が長く、コミュニケーションをたくさん取れますね。
寝室の他にリビングがあることで、ある程度の距離感は保てます。

デメリット

リビングはあるものの部屋は1つのため、仕事や趣味に打ち込みたいときには少しやりずらいかもしれません。
喧嘩したときにもまるっきり別の部屋にこもることができないのはデメリットともいえますが、コミュニケーションをとらざるを得ないので仲直りのきっかけを作りやすいのはメリットともいえるかもしれませんね。

間取り2DKの同棲

2DKは、2部屋+ダイニングキッチンの間取りです。このダイニングキッチンは6畳~10畳未満の広さになります。
ダイニングキッチンを食卓として、1人1つずつ部屋を確保できます。1部屋を共有スペースに、1部屋を寝室に使うというパターンもありますよ。

2DKにおすすめのカップルは・・・生活リズムがバラバラ/1人1部屋ずつほしい/2部屋ある間取りの中でも家賃を抑えたい

メリット

お互いに1部屋ずつ部屋を持てるので、プライベートな時間を確保できます。
2DKは80年代に多くなった間取りのため、2部屋あるのに比較的家賃を抑えて借りられるのもメリットです。

デメリット

1人1つずつ部屋を持つ場合、二人の時間が減ってしまい距離が開いてしまうことも。
広さのあるダイニングキッチンがあるため、食事は一緒にとる約束などができると良いですね。

間取り2LDKの同棲

2LDKは、2部屋+リビング+ダイニングキッチンの間取りです。この場合LDKは10畳以上の広さがあります。
ダイニングだけでなくリビングもあるので、1人1ずつ部屋を持ってもコミュニケーションがとりやすくなります。
しっかりとした広さがあるので、将来を考えても不自由ない形です。

2LDKにおすすめのカップル・・・1人1部屋ずつと共有スペースもほしい/結婚してもそのまま住める間取りが良い

メリット

お互い部屋を持ちつつも、二人の時間もしっかりと確保できるのがメリット。
結婚や家族が増えることを考えても十分な広さで、子どもができた場合にはどちらかの部屋を当てたりリビングにキッズスペースをつくったりできますよ。
リビングは10畳以上あるので、こだわりのあるインテリアも楽しめます。

デメリット

広さや間取りに問題はありませんが、その分家賃が高いのがデメリット。
衣食住の中でも住を重視したい、経済的にある程度余裕がある、というカップルにはおすすめです。

”同棲がうまくいく”部屋の間取りを選ぶときのチェックポイント

ユニットバスは避ける

ユニットバスだと、どちらかのシャワーが長いとトイレを我慢しなくてはいけなかったり、逆にトイレが長くて朝の準備ができない・・・という問題もあります。
お風呂とトイレに加えて洗面所も一緒だと、合わせて生活するのが難しくなってしまいます。
一人の部屋がないことでも窮屈になるカップルがいる中、最低限の生活の部分で我慢しなければいけないのはより窮屈だといえるでしょう。
お互い時間などに余裕を持てるように、ユニットバスは避けておくと安心です。

1人1部屋なら共有スペースとつながっている間取りを

1人1部屋で各部屋がリビングなどの共有スペースにつながっていないと、顔を合わせずに生活ができてしまいます。
生活がすれ違ったり喧嘩したりしたときに、黙って出かけたりこっそり帰ってきたり・・・ということも。
自分の部屋からリビングなどの共有スペースを通らなければいけない間取りだと、必ず顔を合わせられるので安心です。

お互いのライフスタイルを尊重した間取りを

間取りを決めるのは、同棲するときに迷うことの一つ。家に帰ってから一緒に1日をずっと過ごす中で、大切なのは距離感です。
自分たちの生活リズムや仕事、価値観に適した間取りを選ぶことで、円満に同棲を続けられますよ。
是非参考にして、同棲の間取りの決定がうまくいくと良いですね。