【一人暮らしの彼女】が心配な彼氏必読!心配点とその解決方法

大学生以上のカップルであれば、付き合っている彼女が一人暮らしをしているという彼氏は、なかなか多いのではないでしょうか。
たとえデートで会うことがあっても、LINEのやりとりなどをしていても、彼女が一人暮らしで自分と離れて暮らしているということで、何かと心配をしてしまう人も少なくはないでしょう。
特に、彼女のことを好きでいればいるほど、離れている時間に良くない想像が頭の中を駆け巡り、どんどん心配になっていってしまうものです。

今回は、そんな悩める彼氏のために、一人暮らしの彼女に対する心配点とその解決方法をご紹介していきます。

一人暮らしの彼女に対するよくある心配点

①彼女が危険な目にあわないか

やはり彼氏として最も心配なのは、これではないでしょうか。
一人暮らしの女性が犯罪に巻き込まれるケースは、ニュースを見ていてもよく目につきます。
たとえば、自宅で巻き込まれる犯罪としては、空き巣や強盗、下着泥棒、強制わいせつ事件などが主に挙げられるでしょう。

また、自宅だけではなく、駅から自宅までの帰り道などでも、女性が凶悪な犯罪に巻き込まれる痛ましい事件が跡を絶ちません。

こういった悲しい事件に彼女が巻き込まれ、危険な目にあってしまうのではないかという彼氏の心配は、もしも彼女の防犯意識が薄いようであれば、なおさらです。

万が一あなたの彼女が防犯意識に欠けるようなタイプなのであれば、「自宅の鍵は、チェーンまでしっかり掛ける」「窓を開けっ放しにしない」「洗濯物をむやみに外に干さないようにする」「来客があった場合は慎重に対応する」など、対策方法について彼女に一度、しっかり話してみるのが良いでしょう。

駅から自宅までの帰り道では、「灯りの少ない道は避けるようにする」「ヘッドホンやイヤホンをしない」「スマホを見ながら歩かない」「誰かにつけられているような気がしたら、電話をするフリをしたり、コンビニに入るなど、他者の気配を相手に感じさせる」などの方法を、彼女に伝えるのも効果があります。

また、彼女がどうしても帰りが遅くなってしまうような日の場合は、その予定をあらかじめ聞いておき、可能であれば、あなたが彼女の最寄り駅から自宅まで送ってあげることが最も良い方法でしょう。

重要なことは、彼女にしっかりと防犯意識を持ってもらうことです。

大切な人が悲惨な事件に巻き込まれることがないように、彼女と一度、防犯対策についてきちんと話し合う機会を設けることが望ましいと言えます。

②彼女が浮気をしてしまわないか

これも、男としては心配になってしまう点でしょう。

自分の彼女が、自分を裏切るようなことをする人間ではないと信じていたとしても、可愛かったり優しかったりと魅力的な彼女に対し、他にも狙っている男がいるのではないかということを疑ってしまう気持ちは、少なからず誰でも持つものであると言えます。あなたが彼女のことを魅力的に思っていれば思っているほど、心配になってきますよね。

しかし、だからと言って、ただ闇雲に疑心暗鬼になり、彼女の浮気を疑い続けるだけでは何の解決も生まれません。

事あるごとに彼女を問い詰めたり、細かな連絡を求め過ぎたりなど、過剰に浮気を疑い束縛をすることは二人の関係を悪化させていく原因にもなってしまいます。

そこで有効な対策として考えられるのは、「二人のルールをきちんと作る」ことです。

たとえば、「異性の知り合いは、たとえ友人であっても家にあげない」など、浮気に至らないための明確なルールが良いでしょう。
大切なポイントは、ルールを彼女だけに一方的に押し付けないことです。

浮気を防ぐために作成したルールは、きちんとあなたも守ること。
これは彼女の信頼を崩さないために必要なことであると言えます。

あなたと彼女の双方がお互いに納得できるルールを作り、二人で守っていくことが大切なのです。

③彼女が寂しがっていないか

孤独というものは、決して甘く見ることができません。

たとえば彼女が、長年、実家暮らしをしていて初めて一人暮らしを始めたような場合であったり、地元から離れた地で新しい学校や職場に赴き一人暮らしを始めたような場合は、孤独を感じる可能性は高いと言えるでしょう。

また、先述の浮気の心配についてと重なる部分となりますが、彼女が一人暮らしで孤独を感じてしまっているような環境なのであれば、つい寂しさを埋めるために浮気をしてしまうおそれも考えられるでしょう。

この問題の対策方法は、彼女の孤独感をあなたの行動によって、少しでも癒やしてあげることに尽きます。
たとえば、一日の内の決まった時間に数分でも電話をして、お互いの声を聞くようにするということも良いでしょう。
彼女が遠距離で一人暮らしをしているのであれば、定期的に会いに行くことが不可欠と言えます。

また、彼女が寂しさを感じてあなたに電話やLINEをしてきた際には、忙しいなどでたとえすぐに反応できなかったとしても、無視をせず、必ず返事を返すようにしましょう。

大切なのは、彼女に「あなたがいる」ということを行動で示し、孤独ではないという意識を持ってもらうこと。
彼女が孤独に負けてしまわないように、あなたから積極的に手を差し伸べてあげてくださいね。

④だらしなくなってしまわないか

これは、彼女が初めて一人暮らしを始めたような場合に起こりえるケースです。

男女問わず誰でもそうなる可能性がありますが、周りにとやかく言う人が誰もいなくなってしまうと、ついつい部屋を散らかりっぱなしにしてしまったり、自分の身なりにだらしなくなったりと、怠惰になってしまうものです。
特に、彼女の家族がしつけに厳しいタイプの人であった場合は、その反動と一人暮らしの開放感で、彼女がだらしない生活を送ってしまう可能性が高いと言えるでしょう。

この問題の解決方法は、ずばり、あなたが彼女に会うことです。
たとえば、彼女の家に遊びに行く約束をすれば、彼女は散らかった部屋の片付けに取り掛かるでしょう。

また、あなたと一緒にデートに行く約束ができれば、だらしない生活の中でついつい服装や化粧、髪型などを適当にしていたとしても、デートに向けて整えていってくれることが期待できます。

重要なことは、直接的に「だらしないよ」などと叱るのではなく、あなたと会うという目的に向けて、あくまでも彼女に自主的に動いてもらうことです。

何事も、他人に言われて仕方なくやるよりも、自主的にやる方がモチベーションが上がるもの。
彼女のモチベーションを上手く高めてあげるのも、彼氏であるあなたの大事な役目のひとつですよ!

一人暮らしの彼女の心配点とその解決方法のまとめ

一人暮らしの彼女に対する心配点と、その解決方法についてご紹介しました。

彼女が危険な目に合わないかどうかという心配についても、彼女が浮気をしてしまわないかという心配についても、必要なことは、一人でやきもきしたり疑心暗鬼になったりせず、あなたから彼女へときちんと働きかけることです。

たとえば、一日に一回、お互いに連絡を取り合うための時間を決めてみるのも良いでしょう。
電話であってもLINEであっても、少しの時間でも毎日連絡を取り合うことができれば、あなたの不安も取り除かれていくはずです。

また、一歩進んだ解決方法として、彼女との同棲を考えてみるのはどうでしょうか。
二人で一緒に暮らすということは、つまり、彼女の近くに居られる時間が増えるということです。
もちろん同棲は簡単にできることではありませんが、しかし、二人の関係をさらに深いものにしていくためには、必要な過程とも言えるでしょう。

ともかく重要なことは、あなたが彼女に対して何を心配に思っているかをきちんと伝えて、二人で話し合い、お互いが納得できる解決策を見つけることです。
くれぐれも、独りよがりにはならないように気をつけてくださいね。

この記事が、悩めるあなたの手助けになれば幸いです!