恋がしたいけど好きな人ができない?|出会いの場・実践すべきこと

恋がしたいけど、好きな人ができない・・・と思うこともありますよね。
好きな人がほしいということは、恋には前向きだということ。
しかし、好きな人ができないことには理由があります。

  • 好きな人ができなくて悩んでいる
  • 出会いがない

という人のために、好きな人ができない理由から、好きな人ができないときに実践したいこと・注意したいことをご紹介していきます。
また、出会いがないときにはどうするのが良いのかも併せてお伝えします。
自分の気持ちを振り返って新しい行動をしてみることで、次の恋愛に進むことができるかもしれません。

好きな人ができない理由

出会いの場が少ない

出会いの場が少ないとことで、異性との関わりも減ってしまいます。
学校なら女子高や男子校に通っていると、なかなか普段は異性との関わりも少ないでしょう。
アルバイト先や職場でも、職種によっては周りが女性または男性に偏ってしまっていることも。同性が多いことや異性がいても年齢層に差があるケースも多いため、自然と出会いの場が限られてきてしまいます。
その上プライベートで人との交流の多い趣味などがないと、出会いのある場に出向かない限り、恋とはほど遠いものとなっていくでしょう。

仕事や趣味に夢中

仕事が忙しかったり趣味に時間を割いていたりと夢中になるものが多く、恋をする余裕がないという人も。
朝早い出勤に重なる残業、休日出勤などがあると、最低限のことをするのに精一杯で恋にまで頭が回らない、という場合もあります。学生も勉強や部活に熱心だと放課後に時間がなくなってしまうことがほとんど。
恋をしたいという気持ちがあっても、現実的には厳しいというのが難しいところです。

しばらく恋愛をしていない

恋をしていない期間が長く、どうしたらよいのかわからない場合もあります。
出会いの場や、初対面の異性との関わり方や気になる異性の誘い方など、恋にまつわる過程が久しぶりで不安になってしまいます。
ブランクを解消するために、まずは少しずつ友人のつながりなどから慣れていくと良いですね。

理想が高い

理想が高すぎると、好きな人ができるものもできません。
好きになるタイプや恋人にしたい相手の条件が、もしかしたら厳しすぎるのかもしれません。
身長や年収などの条件もある程度の加味は必要ですが、多少足りない部分は他の部分でカバーしていけばよいもの。足りない部分を見るのではなく良いところに目を向けて、一つの条件にこだわりすぎてしまうのは控えてみましょう。

自分に自信がない

自分に自信がないと、恋に対しても後ろ向きになってしまいます。
異性と関わる機会があっても、自分の性格や見た目などに自信がないとうまくコミュニケーションがとれない場合もあります。
自分に自信がなく卑下しているよりも、自分に自信をもって背筋の伸びた人の方が魅力的に見えるもの。
自分磨きはもちろん、自分の欠点を気にしすぎるのではなく長所をアピールする気持ちでいると、好きな人ができないという悩みからも離れられるかもしれません。

好きな人ができないときに実践したいこと

自分磨きをして自信をつける

日常的に続けていきたいのは、自分磨き。
些細なことでも続けていくと、自分の自信につながります。自分磨きというと、スキンケアやヘアケア、自分に似合う洋服やメイクなどの見た目に関するものが代表的です。
しかしそれだけでなく、自分の好きなことや趣味に時間をかけてみたり、興味のあることに関する勉強をしてみたり、一人の人として成長できるようなことも自分磨きの方法の一つ。知識や教養が豊富な人も、異性から魅力的に見える要素ですよ。

合コンなどの出会いの場に参加

好きな人ができないときに合コンをはじめとする出会いの場に積極的に参加することで、好きな人ができるきっかけになるでしょう。
合コンに参加している人のほとんどは、交友関係を広げたり恋人を探したりしています。
そのため、自分がもし積極的にコミュニケーションをとることが苦手でも、周りや相手がある程度はリードしてくれる可能性が高くありますよ。

好きな人ができないときに注意したいこと

友人との付き合いも大切にする

好きな人ができないと焦る気持ちはあっても、恋に執着しすぎるのはおすすめできません。
”恋がしたい”、”好きな人ができない”などというのをあからさまにしてしまうと、恋がしたいだけで相手のことをちゃんと見ていないと思われてしまうことも。
今はタイミングが合わないだけかもしれせんし、忘れた頃にお互いに良いと思える相手に出会えるかもしれませんよ。
あまり恋や好きな人にとらわれず、友人との付き合いも大切にしてみましょう。友人や友人の知り合いなどから、恋につながっていくこともあります。

適当にお付き合いをしない

好きな人ができないからといって適当にお付き合いを始めてしまうのはやめましょう。
妥協したり、告白されたからなんとなくで付き合ってみたり、というのは相手に対しても失礼にあたります。また、自分にとっても満足のいく関係を築ける可能性も高くありません。
告白されたから付き合うことの全てが良くないわけでなく、相手のことを知りたいと思ったり気になっていたり、前向きに考えられるときはお付き合いしてみても良いでしょう。正直に今の気持ちを伝えて、まずはデートを重ねていくことからはじめてみるのも選択肢の一つです。

すぐに諦めない

自分に自信がないと諦めてしまいがちですが、始まってもいないのに諦めていては前向きな気持ちにはなれません。これを繰り返すことで、また好きな人ができない・・・ということになる可能性も。
せっかく巡ってきたタイミングやチャンスを逃さないように、自分の無理のない範囲で積極的に行動していけると良いですね。

出会いがないときには?

身近な相手

好きな人ができないと思っていても、意外と身近に見つかることもありますよ。
友人や同級生、職場やアルバイト先の人など、今まで意識していなかっただけで、見方を変えるだけで魅力的に見えることも。
新しい出会いを探すより良いといえる部分は、あなたの普段の姿や素の部分に理解があるということ。お付き合いすることになった場合でも悪い意味でのギャップがなく、良い関係が築けるかもしれません。

友人のつながり

付き合いの長い友人などのつながりからは、気の合う人が見つかることも少なくありません。
友人を交えての集まりや、友人からの紹介など、あなたが親しくしている友人が親しくしているということで、共通の話題も多く親しみも沸きやすいでしょう。
その他には、友人の結婚式などもあげられます。とくに結婚式の二次会は同世代が集まっていることに加えて、結婚式という特別な空間で気持ちも盛り上がっています。あくまでもお祝いが一番で出会いは二の次としてですが、友人の結婚式も出会いのきっかけの場としては適していますね。

街コン

近年では開催数も増えてきた街コン。街全体を会場としたコンパで、婚活パーティーなどと比較して参加しやすくなっています。
お店や観光スポットを巡りつつ、多くの異性と交流ができるのがメリット。友人とも一緒に参加しやすいので、比較的ハードルは低いといえるでしょう。

マッチングアプリ

最近注目されているマッチングアプリも、好きな人ができないときの選択肢の一つです。
実際に相手を探しているふりをして紛れ込んでいるサクラや、安全性が確立していない出会い系よりも、婚活アプリなどの方が安心できるでしょう。
コマーシャルで流れているような大手の婚活マッチングアプリは、安心して利用できるほか、結婚も考えているため真剣な人が多いのが特徴です。

好きな人ができないときは気持ちを変えてみる


恋はしたいけど好きな人ができない、というのは、もしかしたら自分から好きな人をつくろうとしていないのかもしれません。
本当に恋をしたいなら、積極的に行動に移してみましょう。出会いや魅力的な相手は、意外と近くにいるものです。
好きな人ができない理由を振り返ながら気持ちを整理することで、新しい出会いや身近な発見ができると良いですね。