【同棲したけど結婚しない】に陥る理由と彼の『本音』|今、何を思ってるの?

結婚をする前にお試しで同棲するカップルも多いですよね。同棲から結婚して幸せになるカップルもいる一方で、結婚しないままダラダラ同棲生活を続けてしまうカップルも少なくありません。

同棲中の彼氏がいつまでたってもプロポーズしてくれないとヤキモキしちゃいますよね。

同棲しているのにプロポーズをしてくれない彼氏の心理を知って、その対処法をみていきましょう。同棲から結婚への一歩を踏み出すなら今ですよ。

同棲しても結婚しない彼の心理は?

プロポーズ待ちの彼女からしたら、同棲じゃなく、きちんと結婚して夫婦として一緒に暮らしたい。と思いますよね。結婚するために同棲をしているのに、いつまでたっても具体的な結婚話が出ないと、不安になってしまうもの。

結婚しない男性はどんな気持ちでいるのでしょう。

同棲しているのに結婚しない男性の心理をさぐっていきましょう。あなたの彼氏にもあてはまってることがあるかもしれませんよ。

居心地の良い同棲生活を続けたい

同棲中は、彼氏の分も料理をしたり、ワイシャツのアイロンがけなど細かい家事も負担しているという女性も少なくないですよね。同棲していると、今まで自分でやらなければいけなかった料理や掃除などの家事全般を彼女がやってくれるし、生活費も折半で趣味にもお金が使えるからと、彼氏は今の居心地のいい同棲生活を続けたいと考えてしまいます。

結婚となると責任感が生じるし、簡単に別れることができません。

結婚して子どもができたら、今までのように自由な時間とお金が減ることも、結婚をちゅうちょする理由のひとつになるでしょう。

同棲と結婚で生活がガラッと変わるわけではないので、居心地の良さあぐらをかいて、ダラダラと同棲を続けてしまうのです。

仕事に集中したいから、今は結婚を考えられない

同棲してしばらくしてから、職場での立ち位置もガラッと変わることもあるでしょう。男性は責任のある立場になっていたり、大きなプロジェクトと任されていることも。同棲をはじめた当初は具体的な結婚時期を決めていたけれど、仕事が忙しくなり、結婚のタイミングではなくなるということもありえます。今は仕事が大事な時期だから結婚は考えられないという男性は少なくありません。

でも、同棲している彼女からしたら、いつになったら結婚を考えてくれるのかとついつい問い詰めたくなってしまいますよね。

先が見えないと不安になってしまうもの。

彼氏からしたら仕事が忙しくて、結婚について考える余裕がないのかもしれません。

そんな時は、相手を責めるような口調で問いただすことはやめましょう。

彼氏も、彼女のことを後回しにしているのを気付いていながら、今はどうにもできない状態にヤキモキしているのかもしれません。

仕事が落ち着いたタイミングや、連休がとれたときなどに結婚についての話し合いができるといいですね。

男性は彼女のあいまいな態度はあまり気付かないもの。話をするときは、しっかりと自分の気持ちを伝えることが大切ですよ。

ダラダラ同棲を続けないためには

同棲のまま、結婚しない状態を続けないためには区切りをきちんともうけることが大切です。

すでに同棲をしているカップルは、賃貸の契約更新のタイミングや貯金が一定額溜まったらなどの具体的な期間を決めるといいでしょう。

話し合う時は、あいまいな答えにせず、具体的な日程や金額などをだすようにしましょう。

 

いざ、結婚となるとしりごみしてしまう

結婚となるとお互いの親や会社に報告をしたり、結婚式の準備に何度も会場に足を運んだり、めんどくさいことがたくさんあると考えて二の足を踏んでしまうこともあります。楽しいだけの同棲生活と違って、結婚は責任が伴うもの。あわなかったからといって、簡単に解消はできません。

責任感が強い男性ならとくに、自分が相手を幸せにしないと、と考えすぎて行動にうつせなくなってしまいます。

結婚は後戻りできないものというプレッシャーが重くのしかかっているのです。

結婚を後押しするには?

結婚は、彼氏1人が責任を負うものではないですよね?一緒にがんばっていこうという態度をだして、彼氏の不安を解消してあげましょう。1人で抱えている不安を一緒に背負っていくという気持ちは、結婚を悩んでいる彼氏にも伝わるでしょう。

これから同棲したいカップルが、結婚しない同棲カップルにならないために気をつけたいこと

付き合って、これから2人で同棲しようと考えてるカップルもいますよね。結婚前のお試し期間として同棲にはメリットがありますが、ダラダラと同棲をして、結婚しないカップルにならないために気をつけることが大切です。

同棲の期限をもうける

結婚までの準備期間として同棲をするなら、結婚までの期限を設けましょう。結婚したくなったらなど、曖昧な期限で同棲生活を送っていると結婚への意識が薄くなっていしまいます。そうなると、ダラダラと同棲生活を送ってしまいがち。2人で賃貸物件を契約するなら契約更新の2年後までに結婚する、共通の通帳を作って結婚資金をいくらまでためるなど、具体的な数値をだすといいでしょう。

同棲前にお互いの親にあいさつにいく

結婚や婚約などと違い、同棲は2人だけで決める人も多いかもしれません。お互いの親に、結婚を前提につきあっていること、ゆくゆくは結婚の予定があることをきちんと伝えましょう。結婚の意思をきちんと示すことで、結婚を意識した同棲生活が送れるようになります。

彼氏、彼女に依存しすぎない

食事や掃除は彼女が全部やってくれる、生活費は全部彼氏が持ってくれるなど、どちらかに依存した生活にならないよう、お互いに生活費や家事の配分をきちんと話し合っておきましょう。依存した同棲生活では、結婚を申し込んで断られたら今の生活を辞めなくてはならない。という不安からプロポーズをちゅうちょしてしまう原因にもなりかねません。

それでもダラダラ結婚しない状態が続いたら

彼氏に結婚を意識してもらうために、あの手この手をつくしたのに、いつまでたってもプロポーズしてくれない!いつまで待てばいいの?って不安は募るばかり。そんなときは、思い切って、こんな行動にうつしてみるのもアリかもしれませんよ。

同棲を一度解消してみる

一度同棲をリセットしてみるのもいいでしょう。同棲が居心地がよかったり、結婚しなくても好きな彼女と一緒にいられる状態がガラッとかわると、意識も同じくガラッとかわることもあります。あらためて、同棲を再開したらそのときがきちんと結婚について話し合うチャンスですよ。

彼女からプロポーズ

プロポーズは、待ってるだけのものではありませんよね。「わたしが幸せにします!」とプロポーズが女性からだってなにもおかしくありません。結婚したい本気度が彼氏に伝わって、結婚への道が開けるかもしれませんよ。

諦めて次へ

結婚はタイミングという言葉を聞いたことはありませんか?今の彼氏との将来が見えないと思ったら、スッパリ関係を終わらせてしまうのもひとつの手ですよ。ダラダラと同棲を続けるよりも新しい人との出会いを探したほうがいいかもしれません。付き合った次の人とは、同棲後すぐに結婚できたなんてことも。

同棲から結婚へ第一歩を踏み出そう

結婚する前に一緒に暮らすことで、付き合っているだけではわからない生活環境の違いや今までみえなかった相手のことがよく見えるようになります。

2人で生活費や家賃を折半すれば、生活費の節約になり結婚資金もはやくたまります。

結婚にむけてメリットがある一方で、ダラダラと同棲をながびかせてもしまいがち。

いつまでも結婚しない同棲カップルにならないために、結婚しない彼氏の心理をきちんと知っておきましょう。

今のあなたに一番おすすめの記事↓

関連記事

こんにちは、こんばんは、おはようございます。 愛が足りない編集部です。 今回は、愛足りのライターが愛情を込めて書いた「同棲」についての記事をまとめてみました。 あなたの今後の同棲生活のお役に立てる記事をたくさん用意させて頂きま[…]