「告白したけど失敗した…」傷心のあなたに教える、立ち直るための方法5選

大好きな人へ勇気を出して告白をしたものの、失敗してしまい、目の前が真っ暗になっていませんか?

相手のことを本気で想っていれば想っているほど、失恋は辛く、苦しいものです。

ふとした瞬間に相手の顔が思い浮かんで、相手の声が頭の中でいつまでもリピートされてしまう…。

忘れようと思ってもそう簡単に忘れられるはずもなく、自分が失恋したのだという事実と行き場のない悲しみを、ずるずると引きずってしまいます。

しかし、いつまでも傷心のままでいては、新しく訪れた出会いやチャンスを逃してしまうかも知れません。

未来へ向かって前進していくためにも、告白に失敗したという暗い気持ちの状態から立ち直る必要があるでしょう。

そこで、傷心から立ち直りたいというあなたのために、5つの方法をご紹介していきます。

告白の失敗から立ち直る方法5つ

①好きなことや趣味に没頭する

これは典型的でありながら、とても効果的な方法です。

告白に失敗したときは、「ああ言えば良かったかな」「それともこうすれば良かったかな」「そもそも告白なんかしなければ良かったのかな…」などと、考えれば考えるほど、深みにハマっていき、気分が沈んでいくものです。

そこで、深みにハマってしまう前に、気を紛らわせるという方法をとりましょう。

気を紛らわせるというのは、つまり「忘れること」です。

抱えている悩みや悲しみを忘れるために、別のことに集中してみましょう。

悲しみを忘れるためなので、集中するならできる限り楽しいことの方がいいでしょう。

奮発して少し高いけど美味しいものを食べに行ったり、前から欲しいと思っていた服を買ってみたり、ちょっと贅沢なことを楽しんで気分を高めるのも効果的と言えます。

もちろん仕事が好きな人であれば仕事に集中するというのもいいですが、料理やガーデニングなど、自分の趣味に没頭するのもいいでしょう。

趣味がないのであれば、これを機に、なんとなく気になっていたことにチャンレジしてみるというのもアリかも知れません。

生活の中の、ふっと時間が空いた瞬間にこそ、辛いことを思い出しがちです。

できる限りそういった時間を空けてしまわないように、楽しく手と頭を動かし続けることで、上手く気を紛らわせていきましょう。

②友人と遊ぶ

これも楽しいことで気を紛らわせる手段のひとつですが、この方法の最大のポイントは、友人という存在。

一人で気を紛らわせるよりも、親しい誰かと一緒の方が、楽しさが倍増するものです。

気兼ねなく話せる友人と、ごはんや買い物に出かけたり、予定が合えば小旅行なんかに行ってみるのもいいですね。

告白に失敗した悲しい思い出を、友人との楽しい思い出で上塗りできれば、自然と失恋の痛手からも立ち直っていけることでしょう。

「持つべきものは友」という言葉もありますが、恋愛に限らず、一人では抱えきれない悲しみや苦しみがあるならば、友人に頼ってみるのもひとつの手と言えます。

もちろん、友人が悲しんでいるときや困っているときは、あなたの方から手を差し伸べてあげるようにしましょうね。

③思い出の品などを捨て、未練を断ち切る

記憶というのは芋づる式に蘇ることがあるものです。

たとえば、好きだった相手からもらった物などが家に置いてあったとしたら、それが目に入ったときに相手のことをまず思い出し、そこからその相手に告白したこと、そして失敗して傷ついたことという風に、どんどん思い出してしまうでしょう。

趣味に没頭したり友人と遊んだりでどれだけ気を紛らわせたとしても、ひとつのきっかけで相手のことを思い出してしまったら、せっかく立ち直ろうとしていたのに振り出しに戻ってしまうおそれがあります。

思い出を断ち切るのは辛さを伴うものですが、相手からもらった物などがあれば思い切って捨ててしまうのも、必要なことと言えるでしょう。

電話番号やメールアドレス、LINEなどの連絡先は、仕事の繋がりなどがあるならば消すのは難しいかも知れませんが、できることならこれらも消してしまって、しっかり断ち切るのがより良いと言えます。

何にせよ、自分がスッキリできるところまでとことんやってみるというのがいいかも知れませんね。

④自分磨きに専念する

これも気を紛らわせる手段のひとつですが、ポイントは「自分磨き」をするという点です。

外見を磨くなら、たとえばジムに通う、ダイエットをする、ヨガを習うなどがあります。

内面を磨くなら、新しいことにチャレンジしてみたり、英会話や料理など習い事を始めてみたりといったことが考えられますね。

いずれにせよ、なりたい自分になるためにアクションをするというのは、とても前向きなことです。

告白に失敗したことから生まれたネガティブな感情をポジティブなものへ変えていくには適した方法と言えるでしょう。

もしもあなたが、告白に失敗した理由が自分に魅力がないからだと考えているのであれば、自分磨きをすることでその悩みを払拭できます。

それは、新たな恋へと踏み出していく自信にも繋がっていくことでしょう。

失恋してすぐに新しい恋に向かうことは、少し気持ち的に難しいかも知れませんが、いつか来るであろう新しい恋のための準備という意味を込めて自分磨きをするのは、素敵な時間の使い方と言えますね!

⑤一回思いっきり泣いてみる

これは、気持ちを切り替えるために有効な方法です。

いつまでもグズグズと失恋の痛手を引きずってしまうぐらいなら、一回、感情を全部解放して、思いっきり泣いてしまいましょう。

涙を流すことは、リラックス効果をもたらすとも言われます。

泣くのを我慢して苦しみ続けるよりは、悲しんでいる自分ときちんと見つめ合い、しっかり涙を流してみるのもいいでしょう。

しかし、当然ですが、泣くことが習慣のようになってしまっては、いつまでたっても告白の失敗から立ち直ることはできません。

自分の中に溜まった負の感情をすべて出してしまうぐらいの気持ちで、一回だけ、思いっきり泣くということが重要です。

あくまでも、気持ちを切り替えるための涙だということを忘れずに!

告白に失敗してしまったら、ネガティブになりすぎないことがなにより大事

告白に失敗して、傷ついてしまうこと自体は、仕方がありません。

恋愛だけに限らず、自分の望みが叶わなかったとき、人は悲しみ、ときに絶望すら覚えてしまうものです。

しかし、いつまでもずるずるとネガティブな感情を引きずってしまうのは、精神的にはもちろん、肉体的にもよくありません。

過度なストレスは、体調へも影響を及ぼしてしまうものです。

また、これも恋愛には限りませんが、何か失敗をしたとき、人はついつい自分を責めてしまいます。

反省すること自体は大切ですが、しかしここで重要なのは、失敗した自分を責めることではなく、失敗したことを受け止めて次へ活かしていくという気持ちです。

自分の感情がネガティブに傾きすぎないように気を配りながら、ここまで記してきたような立ち直る方法を試していってもらえればと思います。

告白に失敗してしまったときの解決法まとめ

告白に失敗してしまったときに、立ち直る方法をご紹介しました。

失恋を乗り越えることは、言葉で言うのは簡単ですが、実際にはかなりのパワーと精神的な痛みを伴うものです。しかし、そんな辛い体験だからこそ、乗り越えた先には、あなたの人間的魅力の高まりと成長が待っているはずです。

大事なことは、いつまでも失恋にとらわれないようにすること。
「物事の終わりは、新しい物事の始まりである」と考えて、失恋は新しいことへ踏み出す機会だと思えるようになれば大きな前進と言えるでしょう。

この記事が、あなたの心の傷を癒やすための手助けになれたら幸いです!