「彼氏の髪型がダサい…」傷つけずにイメチェンしてもらう秘儀を伝授!

彼氏の髪型が似合ってない…というよりも、正直ダサいのでなんとか変えてほしい…。
そんな悩みを持っていませんか?

他人の外見に口を出すのは抵抗が感じられるものですが、とは言え彼氏ともなれば、少し話は別。
一緒に過ごす時間も長く、並んで外を歩く機会も多いので、どうしても「彼氏のダサさ」は気になってしまいます。
特に髪型は重要ですよね。
どんなに顔が良くても、服装がおしゃれでも、髪型がダサくて似合っていなかったら、印象が台無しになってしまいます。

しかし、ストレートに「髪型を変えてほしい」と伝えるだけでは、彼氏を傷つけてしまうかも知れません。
「伝えたいけど、二人の関係がギスギスしないようにしたい」
そんな想いを抱くあなたに、対処法をご紹介します!

ダサい彼氏に髪型を変えてほしいならネガティブな言い回しはNG!

人間は、基本的にポジティブな感情の方が、行動を起こすモチベーションに繋がりやすいものです。

「叱られたから勉強しなきゃ…」よりも「褒められたからもっと頑張ろう!」という方が、自主的に勉強ができた、という経験を子供の頃にしませんでしたか?
筆者も幼少期は、国語の成績を褒められたのでどんどん国語が好きになり、自主的に勉強をしました。一方、算数の成績は叱られてばかりだったので、どんどん嫌いになってしまいました…。

これは何も、子供だけの話ではなく、大人にも言えることです。
ダサい彼氏の髪型を変えたいなら、「ダサい」「似合ってない」等のネガティブな感情を与える言い回しは避けましょう。
どんな些細なことでも「自分の何かを恋人から否定される」というのは、大きな精神的ダメージを負ってしまいます。

というわけで、彼氏のことを傷つけずに髪型について指摘する方法を、ご紹介していきます!

彼氏の髪型がダサいときの対処法

対処法①「こういう髪型似合いそう」とさりげなくアピール

これは、簡単でわかりやすい方法です。
たとえば、彼氏と一緒にテレビを見たり、彼氏の隣りでスマホのニュース記事を読んだりしているときに、
「ね、○○ってこういう髪型似合いそうじゃない?」
と、彼氏にしてほしい髪型を見せて、さりげなくアピールしてみましょう。

このとき気をつけたいのは、「テレビに出ている人(スマホの記事に載っている人)のファンである」と、彼氏に感じさせないこと。
「こういう男が好きなんだ…」と思われてしまうと、ネガティブな感情が生まれ、彼氏が髪型を変える動機にはなりません。
あくまでも、「好きなのはあなたで、あなたがこういう髪型にしたらもっとかっこよくなると思う!」という「褒め」のニュアンスを入れて、ポジティブな感情を与えることが大切です。

ちなみに、会っていないときに、LINEなどで、彼氏にしてほしい髪型の写真を送って伝えるだけでは、あまり効果は期待できないでしょう。
やはり人間は、目の前で直接、生身の言葉で伝えられたことの方が、強く印象に残るものです。

対処法②服装や顔立ちを褒めた流れで伝える

これも、典型的な「褒めて動かす」方法です。
彼氏がお気に入りの服を着ているときがチャンス。
「○○って、その服ほんとに似合うよね!髪を○○な感じにしたらもっと似合いそう!」
こんな感じで、さりげなく伝えてみましょう。

服よりも、自然に褒める難易度は高いですが、彼氏の顔を褒めてあげるのも良いですね。
「○○は小顔だから、髪を○○な感じにしたら似合いそう!」
「○○は目が大きいから、髪を○○な感じにしたら似合いそう!」
このように、具体的なパーツを挙げて褒めるのが効果的!
「イケメンだから」「カッコいいから」と漠然と抽象的に褒められるよりも、嬉しさが大きいはずです。

この方法で大切なのは、わざとらしくならないように、自然にすること。
わざとらしさで勘付かれて、「もしかしてこいつ、俺の髪型気に入ってないのかな…」と思われてしまうと失敗になってしまいます。
そのためにも、普段から自然に彼氏のことを褒めるような、良い関係を作っておくのが大事と言えるかも知れません。

対処法③髪型をセットしてあげる

家でのデートやお泊りのときなどに使える方法です。
彼氏の髪型を、自分の理想に近い形にセットしてあげましょう。
そこで、「あーやっぱり!この髪型似合うと思ったんだよね!」とアピール。
「カッコいいよ!」とストレートに伝えてしまうのも良いですね!

さて、この方法は、実はセットしたあとが本番です。
デートが終わり、別れたあとのLINEや、次回彼氏に会うときに、
「この前、私がセットした髪型、あれカッコよかったからまた見たいな」
と、さりげなく伝えてみましょう。

言われたからしぶしぶ髪型を変えるのではなく、あなたを喜ばせたくて自主的に変えるようになってくれれば、彼氏にとってもあなたにとっても良い結果と言えますね!

対処法④帽子をプレゼントする

これは直接的な対処法ではない番外編といったところですが、ご紹介しておきましょう。
どうしても彼氏が髪型を変えてくれない、もしくは、変えてほしいけどどうしても言いづらい…というときに使える方法です。

せめてダサい髪型を少しでも隠して見栄えを良くするために、彼氏に帽子をプレゼントしてみましょう。
デートに出かけたときに、一緒に見て決めて、買ってあげるのもいいかも知れません。

この場合も大事なのは、褒めること。
「この帽子、○○の髪型に似合っててカッコよくない?」
こんな風に伝えると、彼氏も悪い気はしないはずです。
帽子を気に入ってもらえれば、髪型は変えてくれないままかも知れませんが、あなたと一緒に外出するときは帽子を被ってくれるようになるでしょう。
根本的な解決方法ではありませんが、打開策のひとつとして、覚えておいてもいいかも知れません。

重要!彼氏が髪型を変えてくれたあとは、しっかりリアクションをしよう!

あなたのとった方法がうまくいって、彼氏があなたの望み通り、ダサい髪型を変えてくれたとしましょう。
願いが叶って大成功といったところですが、でも、そこで終わりではありません。
むしろ、このあとが重要です!

「髪型変えてくれたんだ、ありがとう!やっぱりすごい似合ってるね!」
などのように、しっかりリアクションをとって、褒めすぎぐらい褒めましょう。
ここであなたのリアクションが薄いと「せっかく髪型を変えたのに…」と、彼氏は拍子抜けして、髪型に気を使わなくなってしまい、最悪の場合、またダサい髪型に逆戻りしてしまう可能性もあります。

面倒に思うかも知れませんが、最後まで気を抜かずに、彼氏と良いコミュニケーションをとり続けるようにしていきましょう!

彼氏の髪型がダサいときの対処法まとめ

彼氏にダサい髪型を変えてほしいときに使える方法をご紹介しました。

重要なことは、基本的に「彼氏をさりげなく持ち上げること」です。
最愛の彼女であるあなたに褒められれば、彼氏は必ず良い気持ちになるでしょう。あなたに「もっと褒められたい」というポジティブな感情が、彼氏がダサい髪型を変える原動力になっていきます。
ただし、あくまでも「さりげなく」が重要ですよ!
わざとらしさがバレてしまうと逆効果になるおそれがあるのでご注意を。

この記事が、あなたと彼氏の、より良い関係のための手助けになれたら幸いです!