【マルチ残高リーダー】の使い方。カードの残高が『一瞬』で確認できる高機能リーダー。

今回ご紹介するのは「マルチ残高リーダー」です。 

いきなりですが、あなたは「カードに残っている残高がわからなくなる」といった経験はありませんか?

IC系や電子決済の場合チャージして使用のためチャージした時や使用した時は残高表示が されますが残高をきっちり覚えている人は少ないと思います。 

そこで私が是非紹介したいと思ったアプリが

「マルチ残高リーダー」

です。 

 

カードをスマホ背面に当てると残高が表示されるアプリで、 対応しているカードの種類も多く、FeliCa(おサイフケータイ)対応のスマホであれば一部の端末を除き 使用可能です。

早速、使用方法や対応カードなどをご紹介していきます。 

マルチ残高リーダーに対応しているカード

  • Suica
  • PASMO
  • WAONnanaco
  • Edy
  • ICOCA
  • TOICA
  • SUGOCA
  • Sapica
  • Kitaca
  • manaca
  • はやかけん
  • nimoca
  • PiTaPai
  • csca
  • りゅーと
  • ecomyca
  • OKICA
  • IruCa
  • Asaca
  • hanica 

その他のSuica互換の交通系ICカードnanacoWAON も使用が可能です。

こちらから、マルチ残高リーダーをダウンロードできます。

マルチ残高リーダFree /Suicaやnanacoなど対応

マルチ残高リーダFree /Suicaやnanacoなど対応

Shekeen Lab.無料posted withアプリーチ

インストールすると上のようなアイコンが出てきます。 

インストールすれば特に設定等はしなくても使用することができます。 

尚、起動方法などを設定で変更することもできますが設定については後ほど記載します。 

カードをFeliCa(おサイフケータイ)のマークのあたりにタッチすると下のどちらかの画面が表示されます。 

上の画面が出てきた場合はカードを左右上下にずらしてみて読み込めば下の画面のように残高が表示 されます。

タッチだけですぐに読み込めば左の画面が出ずに残高が表示されます。 

 

スマホにカバーなどをつけている場合はなかなかうまく読み取れないこともありますので、ご注意ください。 

また、左右上下にずらしても読み込めなかった時にはエラーが表示されます。 

エラー表示がされたら一度表示画面以外をタップして画面を閉じ再度カードをFeliCa(おサイフケータイ) をマークのあたりにタッチします。 

何度かざしても読み取れない時はカバーなどの影響で読み込みができていないか 、そもそもマルチ残高リーダーが使えないスマホの可能性があります。

カバーなどをつけている場合は一度カバーをはずして タッチしてみて確認をしてみてください。 

マルチ残高リーダーの設定方法

アプリをインストールするだけでカードの読み込みは可能ですが、そのまま使うと面倒な点が あります。

例えば交通系ICカードなどを入れたパスケースや財布などをスマホに近づけると 勝手に立ち上がってちまうことがよくあります。 

その状態を止めるためには設定で自動検出機能を起動させないように設定する必要があります。 

その他にも設定できることもあるので設定の方法をご紹介します。 

 

① アプリを起動させて読み込み画面を開きます。 

② タップをすると以下の画面が開きます

左の設定画面から各種の設定を行います。 

それでは、基本設定を上から順に説明していきます。 

 

NFC設定ボタンを常に表示 

 ①の画面の「設定を開く」ボタンです。このボタンを表示 

 させておきたい時はチェックボックスにチェックを入れます 

 

ポイントを表示 

nanacoWAONカード残高を確認した時にポイントを 表示・非表示を選択できます。

ただしポイントの表示はカード内のポイントの表示になるため、センター預かりのポイントは反映されません。

表示したい時はチェックを 入れます。 

起動時に最後の残高を表示 

アプリ起動をした時に最後に確認した金額を表示させたい時 はチェックを入れます。 

カード検出で自動起動

カードをタッチすると自動でアプリが起動するように したい場合はチェックを入れます。 

読み取り時に音を鳴らさない 

カードの読み取りの時に音で通知したい場合はチェックを 入れます。 

アプリをインストールした時点ではこの基本設定の全てに チェックが入っている状態です。 

そのためカードをマークにタッチすると自動的に起動して 読み込む状態になっています。 

 

以上が基本的な使い方と設定のやり方です。 

 

余談ですが、設定画面を見ていただけるとお分かりかと思いますが私は全てチェックをはずして使用しています。 

理由としては

  1. NFCボタンを表示させていなくても設定画面を開きたい時は右上の3つのボタンタップで 開くことが可能であること。
  2. ポイント表示はあくまでカードの中のポイントしか表示されないため、実際のポイントとの不一致が生じ実際のポイントがわからないこと。
  3. 複数のカードを所持しているとどのカードの最後の残高なのかがわからなくなること
  4. パスケースやサイフとスマホを一緒に ポケットやカバンに入れてしまうと動いている時に勝手に起動してしまうこと
  5. なにかの拍子にカードを読み込むと音が鳴り続ける羽目になること 

 

ということから全てチェックを外しました。 

 

基本設定については自分が便利に使えるようにチェックを入れたり外したりしてカスタマイズ するのがベストだと思います。

チェックを入れてカードをタッチしてカスタマイズすると「どの状態で使うのがいちばん使いやすいか」がわかると思いますので試してみてはいかがでしょうか。

 

追記になりますが、私がいちばん便利だと思うのが交通系のICカードの残高確認です。 

今では基本的に交通系ICカードは日本全国の鉄道会社共通で公共交通期間や店舗で使用できることが多いので、「毎回残高を確認せずに使ってしまい、気づいたら電車に乗る時に残高不足で改札で慌てなくてすむ」という利点も あります。 

 

前もってわかっていれば早めにチャージをすることができると出かける時や旅行先などでも かなり便利です。 

これからどんどんキャッシュレス化も進んでいくと思いますのでインストールしておいても いいかもしれませんね。 

 あとがき

いかがでしたか。

消費税増税から数ヶ月経ち、少しづつではありつつも現金からキャッシュレスに変えている方も 増えてきています。

アプリやクレジットを使用している方も多いかと思いますが、最近では 交通系ICカードやアプリではなく電子カードを使用している方もいらっしゃると思います。 

特にキャッシュレス化が進んでからは今まで使用できなかった交通系ICカードや電子決済カード での支払い可能な店舗も増えていています。 

個人的な感想も含めて記載しましたが、参考にしていただけると幸いです。 

以上「マルチ残高リーダー」アプリのご紹介でした。