【せどり】を無資格でやってる犯罪者が多い事実。せどりやるなら資格は必須!

どうも、じょにーでっぷんです。

今回は、驚くことに知らない方も多い「せどりに必要な資格」についてのお話です。

これからせどりを始めたい、または既にせどりをやっているあなたに大事なことをお伝えします。

「せどり」は資格必須!無資格だと法律違反で逮捕される恐れあり。

いきなり答えを言いますが「せどり」には必ず「古物商許可証」という資格が必要です。

  • 「副業でせどりを始めたい」
  • 「せどりを本業にして自由になりたい」

など、最近では「せどり」を始める人が多くなってきました。

インターネットの普及により、その規模は更に拡大しています。

しかし、その弊害で「知らないうちに法律を犯してしまうセドラー」が増えてしまいました。

先程、必ず資格が必要と言いましたが、その理由をお伝えします。

せどりに必要な資格「古物商許可証」とは

古物商許可証とは、「モノを買って、それを転売する」という一連の流れを行う際に必要な資格で、法律で定められています。

それでは、古物商許可証が不要な場合と必要な場合の違いとはなんでしょうか。

最初から転売を目的としているかどうかの違い

いきなり結論ですがビジネス(転売)目的以外で「新品」の商品を売るのであれば「古物商許可証」は必要ありません。

「最初から転売することを目的としている(所謂ビジネスとして行う)」場合は、必ず「古物商許可証」の取得が必要です。

世間一般的に「せどり」は「利益を得る為に安い金額で購入した商品を購入した時よりも高い値段で売る」ということを指している為「せどりをするなら資格が必要」ということが言えますね。

転売目的で無ければ、「古物商許可証」は必要無し

転売目的で無ければ、モノを売る際に「古物商許可証」は必要ありません。

例えば、

「友達からもらったスケボーを、メルカリやヤフオクで売る」

だったり

「以前に自分の為に購入したスニーカーをリサイクルショップに売る」

などの場合は転売目的では無いと判断できるため「古物商許可証」は必要ありません。

「古物商許可証」は警察署で取得できる

古物商許可証を取得する為には、警察署に出向く必要があります。

具体的には、警察署の「防犯係」に申請が必要となります。

「古物商許可証を取得したいんですけど…」

って言えば必要な手続きを進めてくれますので、取得がまだの方は警察署へ行きましょう。

なぜ、せどりには古物商許可証が必要なのか

転売に古物商許可証の所持を強制している理由が、「売られた商品が盗品(盗まれた商品)ではないかどうかを判断する為」です。

万が一盗まれた商品が売られてしまった場合に、警察が盗品では無いかどうかの判断基準の一つとして「古物商許可証」の携帯の有無を確認するのです。

資格が無いことがバレるのはどのタイミング?

先程、古物商許可証が必要な理由をお伝えしましたが、勘のいい方ならもうお気づきかと思います。

「古物商許可証」を未取得であることがバレるタイミングとして、

「盗品を購入してしまい、それを転売してしまった」

ということが挙げられます。

モノを盗まれたことに気付いたら、当然持ち主は警察に通報することがあります。

通報を受け、警察がその商品について調べ始めた時に販売者の「古物商許可証」の有無を確認する場合があるのです。

その際に「古物商許可証」の不携帯がバレてしまうというカラクリです。

あとがき

いかがでしたか。

今回は、「せどりに必要な資格」についてお話しました。

これからせどりを始める方、または「資格が必要なんて知らなかった」という人のお役に立てたのであれば幸いです。